毛の先端が開くことによって歯と歯の間に先端が到達しないので

そのため、虫歯も歯周病も、まずは歯磨きが一番のポイントになりますので、歯医者で正しいブラッシングなどを指導してもらい、できるだけかかる前に予防できるよう努力しましょう。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもないように見えますが、実際は密接なつながりが深いのです。

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が落ちますので、歯周組織が口の中にいる細菌にたやすく感染し、その結果として歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の患者は唾液の分泌量が減るので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと予想されます。

高血糖は自覚することができませんので、糖尿病に罹患していても気付けなくて当たり前なのですが、歯の定期検診によってもしかしたら糖尿かもと気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は体全体の健康に影響を与えるという説もあるので、ブラッシングは正しく行いましょう。

フッ素の入った歯磨きを息子に使わせるのは危ないのでは、と気を揉む母親がいるらしいです。

そのワケは、フッ素を標準より多く摂ると、斑状歯や骨硬化症などの症状が出てくるかもしれないので、ということです。

フッ素は、基準値を大幅に超える異常なフッ化物の含有量が認められる水分を飲んだことで、身体に悪い影響がある危険性があるのは、お医者さんの共通認識です。

しかし、換言するなら、歯磨きで取り入れる程度の量であるならば、大げさに気にする必要性はないというのが普通ですから問題ありません。

反対に、フッ素を使っているのが言い訳になり、つい厳しくしないでしまい、食事に糖質の多いものを多く与えてしまう方が問題です。
赤ちゃん 歯磨き いつから

ハミガキはブラッシングの他、デンタルフロスや歯間ブラシ合わせて使うことが肝心です。

大阪での実験結果では、ブラッシングだけだと歯垢が6割強しか落とせないのに対し、歯間ブラシを同時に使うと8割まで拡大することが分かったのです。

歯石にはストレプトコッカス・ミュータンス菌が存在していることから、間違いなく落とすことができていないと、虫歯菌が出した酸が歯の表面を溶かして虫歯が進行してしまうのです。

音波歯ブラシの活用には習熟が必要なので、自信がないのであれば定期検診に行った時に教えてもらうとオトクです。